読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出来損ないの人生放浪記

完全に個人的な日記。日々の出来事や読んだor観た作品について綴る日記です

完全に今更な三島由紀夫『金閣寺』感想

小説感想

数日前に三島由紀夫氏の『金閣寺』を読み終えた。

21歳にもなって三島由紀夫を初めて読んだというのはあまり褒められることではないが、せっかくなので稚拙な感想文を少し。

 

金閣寺』は、実際に起きた金閣寺の焼失事件を元に書かれた三島由紀夫の小説である。

 

三島氏はこの作品を書く際、金閣寺を燃やした寺僧の形而上的思想に着目した。

それはすなわち、寺僧のもつ金閣寺の「美」に対する憎悪である。

 

なぜ寺僧は金閣寺の美しさを憎んだのか。その疑問が小説の核になっている。

 

この作品の中には「美」という抽象概念に関する深い考察が全体を通して貫かれており、吃音症の主人公の醜さや葛藤、内飜足の学友である柏木の対称的な生き方などが螺旋を巻いて、全体の物語が紡がれている。

 

個人的な印象としては、イメージとは程遠く非常に内省的な物語であることに驚かされた。

勝手なイメージだが、彼の晩年の生き方からか三島由紀夫の小説は社会性が強いものだとばかり思っていたのだ。

この小説は全く社会的な小説ではなく、完全に内省的かつ哲学的な小説である。

 

ここではあらすじについては割愛させていただく。素晴らしい古典の深い考察について書く語彙も今の私にはないので、感想もこの辺にしておきたい。

 

この本は社会や人間関係の中で葛藤を持ち、本当の自分を失いつつあるすべての人に読んでほしい小説である。

 

この主人公は金閣を燃やすことで自己をようやく実現させた。それをただの犯罪だといって戒めることが我々にできるであろうか。我々はこの小説から学ばなければならない。

世界は決して外界で規定されるだけの存在ではないのである。

 

 

金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

 

 

 

PS:支離滅裂の感想文になってしまった。再読する度に記事を書き直そうと思う。

この記事を読んで金閣寺を読みたがる人はなかなかいないでしょうが、ぜひ読んでほしい一冊です。